ページトップへ戻る

『PSO2』連載(16):2018年の『PSO2』に楽しみを探してみる

著者:ゲーム★マニアックス編集部

あけましておめでとうございます。★14のお年玉を期待して正月からログインしていた浅葉です。とくに何も起きませんでしたが、最近はボーナスキーの出が良いような気がしています。新着情報をガリガリと追いかけるでもなく、趣味とゆるさ全開のあまりにも誰得な連載ですが、今年もよろしくお願いいたします。



▲最近、別shipのキャラクターの育成にも勤しんでいるのですが、期間限定クエストの「逢魔に誘う幻惑の森」に大変お世話になっております。ソロでも遊びやすいのが嬉しいところですね

クラウド版とTCGが登場する2018年

『PSO2』の2018年は、「変化」の年になりそうですね。

大きなところでは、Nintendo Switchで配信予定の『ファンタシースターオンライン2 クラウド』が控えています。そのタイトルのとおり、クラウドを活かした作品になっているとかで、ハードさえ持っていれば気軽に遊べるようですね。実機でのデモプレイを見る限りでは、プレイフィールもそれほど大きく変わらないように見えました。この新しく大きな転機をきっかけに、ユーザーがたくさん増えてくれると嬉しいですね。 

昨年から継続して実施されている、通常クラスのバランス調整も気になるところです。通常クラスのレベルキャップを上げるという調整方針が発表されていますが、これによってスキルや能力値の面でかなり強さが底上げされるのではないでしょうか。

レベル75でクラスブーストをとって、レベル80まであげるのがなかなか大変だったので、レベルキャップの開放というと身構えてしまう部分もありますが(笑)前向きな調整として期待したいと思います。 


▲現在育成中のキャラクターのレベル。メインで動かしているキャラクターのときは勢いだけで乗り切りましたが、2人目はなかなか大変です(笑)。キャップ開放までに全クラス80を目指します


個人的にはトレーティングカードゲーム(以下TCG)展開にも期待しています。TCGはおそらく顔と顔をつきあわせて遊ぶものになるので、『PSO2』ファンの新しいコミュニティを構築する予感がするんです。『白猫プロジェクト』の『白猫TCG』の盛り上がりを羨ましいなあと思いながら見ていたので、『PSO2』のこの取り組みにも期待を膨らませています。

僕も『白猫TCG』のイベントを見るまでは、「ゲームIPのTCG化」に懐疑的なところがあったのですが、あの盛り上がりを見ていると、全面的に「アリ」だと感じてしまうのです。ゲーム★マニアックスさんでも記事として取り上げていますが、スゴイですよ! 発売されたら、イベントなどに遊びにいってみたいですね!      


▲ゲームのプレイヤーというのはさまざまで、重視していること、求めていることが皆それぞれに違います。僕の場合は、今回書いたようなことがとても気になりますし、楽しみです。いろいろなアップデートや変化の中に、自分に刺さるものが少しでもあるというのは、とても幸せなことです

感想を開発に伝えたい!という気持ち

……とポジティブにまとめると、提灯記事かと言われるかもしれませんが、最後にちょっとだけ足しておきます。

僕もいちゲーマーですから、既報の発表や新展開以外の中には含まれていない、個人的な希望というのはもちろんあったりもします。ただ、僕の個人的な希望は「みんなが求めているもの」とちょっとずれているような気もしますし、それはここでは詳しく書きません(例えば同じマップを数時間かけてぐるぐるまわる「マルぐる」は楽しかった復活させてほしい、と思っていたりするのですが、皆がそう思うわけではないと思います)。

そんな考えもあって、この連載では、「こうであるべき」というような書き方はなるべくしない方向で行こうと思っています。

しかし、『PSO2』は運営とユーザーの距離がとても近いゲームです。リアルイベントと言われる催しものでは開発の方とお話しできる機会があったり、感想を書く機会があったりします。そういうフェアな機会があれば、ちょっとだけ自分の感想を伝えたいなという欲求もあったりします。

リアルイベントに参加するのは気が進まないという方は、公式サイト上から飛ぶことのできる「ご意見・ご用件」フォーム  だって用意されています。そして、僕の感覚ですが、『PSO2』の開発サイドというのは、ユーザーの意見に敏感で、よくチェックしているような気がします。すべての意見や要望が反映されるというわけではありませんが、多くのユーザーの意見として重複するような事柄であれば、今後のアップデートの検討材料になる可能性も高いと思われます。

何か熱い要望や希望を持つ方は、こうした機会や機能などを利用してみるのもいいのではないでしょうか。「しっかり伝えたい!」と丁寧に書かれたものであれば、きっとそれは開発にも届くと思います。


文/浅葉たいが

ファンタシースターオンライン2』公式サイト

© SEGA

 関連記事

閉じる