ページトップへ戻る

大ヒット中のカード対戦ゲーム『クラッシュ・ロワイヤル』の面白さを探る!

著者:ゲーム★マニアックス編集部

2016年3月にスマホでリリースされて以来、大ヒットを飛ばしているSupercellの『クラッシュ・ロワイヤル』、もうみんな遊んでいるかな? 今回は本作をあらためて紹介しよう。


3分で勝負がつく対戦ゲーム

ゲーム内容は極めて簡単。自分の陣地は中央より下、敵の陣地は上となっていて、それぞれに塔が3つ建っている。制限時間3分のうちに、相手の陣地にある中央のタワーを破壊するか、3分経過した段階でより多くの塔を倒しているほうが勝者となる。3分でサクッと一戦できる気楽さも本作の魅力だ。

敵への攻撃は、カードを使ってフィールド上にユニットを召喚することで行う。フィールドに登場したユニットはオートで動き、敵ユニットや敵のタワーを倒すべく行動する。

8枚のカードでデッキを組む

カードはあらかじめ8枚のデッキを組んでおき、手札として使えるのはデッキからランダムに引かれた4枚。カードを使ってユニットを召喚すると、デッキからカードが補充される。一般的なカード対戦ゲームと比べて、デッキに組み込めるカードが少ないぶん、その構成をどうするかが超悩ましい。平均的なバランスではなかなか勝てないし、何かに特化しすぎても勝てない。自分なりの戦法を考え、それに合わせてデッキを組んでいこう。

カードはいつでも好きなように出せるわけではなく、ゲーム中少しずつ溜まる「エリクサー」を消費してカードを切っていく。強力なカードほどエリクサーをたくさん消費するので、そのぶんカードを切るのに時間がかかるため使いどころが難しい。

デッキのバランスは非常に難しく、そのデッキ構成を考えているときこそがじつは一番楽しかったりもする。

カードの種類はじつにさまざまだ。近距離・遠距離のユニットはもちろん、飛行系ユニット呪文などいろんな種類・効果のものが用意されている。

カードは対戦後の勝利報酬として宝箱の中に入っており、遊べば遊ぶほど新しいカードが出に入る。課金せずとも、しっかりカードを集められて楽しめるのも嬉しいね。

ネット対戦もできるし、クランを組むこともできて、やり込み始めると止まらないこのゲーム、じつはマックスガールの黒田瑞貴さんも大いにハマっているとか。黒田さんのYouTubeチャンネルで実況プレイ動画をアップしているので、こちらもぜひチェックしてみよう。


『クラッシュ・ロワイヤル』公式サイト

© 2016 Supercell Oy.

この記事にコメントを残しませんか?

  • Comment 0

 関連記事

閉じる