ページトップへ戻る

『LOST ORDER』βテストリポート(3): 戦況分析と的確な指示がカギを握るバトルシステム“リアルタイムタクティクス”

著者:ゲーム★マニアックス編集部

今回は、『LOST ORDER』の注目ポイントでもあるバトルシステム“リアルタイムタクティクス”について、その基本やバトル自体の流れなどを紹介しよう。

“リアルタイムタクティクス”を知ろう

本作で採用されているバトルシステムは、バトルに参加している全キャラクターが同時に行動し、その中でプレイヤーが各キャラクターに指示を出しながら戦っていくという“リアルタイムタクティクス”と呼ばれるシステム。ターン制とは違い、リアルタイムで戦況が変化していくため、バトルの戦略はもちろん全体を見渡す洞察力や判断力なども重要になっている。


▲バトル画面は斜め上方から見下ろすクォータービューを基本に、バトルステージによってカメラ位置は変化する。バトル中は敵味方が入り乱れて戦うため、バトルの状況を俯瞰的に捉えてその都度行動を切り替えていく必要がある


バトルの流れを紹介

本作のバトルでは、最大6人(プレイヤーが設定できる5人+ゲストorフレンド)でパーティを組んで戦う。バトルがスタートするまえには配置変更ができ、敵の配置を見てから味方の配置を変えられる。



▲配置変更では味方はもちろん敵側の配置やキャラクター情報も確認できる。敵側の情報を確認しながらキャラクターの配置を変更しよう

配置変更が終わればいよいよバトルがスタート。キャラクターを直接タップするか、画面下部のキャラクターアイコンをタップするとキャラクターの指定ができ、マップの移動したい場所か狙いたい敵をタップするとそれぞれの目標に向かって移動していく。何も指示をしない場合キャラクターは止まったままだが、敵が近付くと自動的に移動や攻撃を始める。



▲キャラクターかアイコンをタップした後、マップの移動したい場所をタップするとマークが出現し、指定したキャラクターがその場所へ移動する。また、敵をタップするか敵のアイコンをタップすると、その敵へ向かって移動していく


▲マップ上の味方を順にタップしていくと、複数の味方へ同時に移動やターゲットの指示が出せる


キャラクターを選択するとその周囲に大きなサークルが表示されるが、これはそのキャラクターの射程範囲を示している。この範囲内に敵が入っていると攻撃でき、攻撃対象を指定していない場合はもっとも近い敵を攻撃する。

この射程範囲はキャラクターが使用する武器によって変化し、近接武器を使用するキャラクターは自分の周囲。遠隔武器を使用するキャラクターの場合はドーナツ型の範囲になり、ドーナツ型の場合は内側の円が射程範囲外となる。



▲近接攻撃と遠隔攻撃は射程範囲に差がある。遠隔攻撃はキャラクターに近い場所が射程範囲外になるので、敵に接近しすぎると攻撃できなくなるので注意したい

各キャラクターにはバトル中自動的に使用する“アクションスキル”と、TP(テクニカルポイント)ゲージが溜まると任意のタイミングで発動できる“スペシャルスキル”が存在し、どちらもキャラクターのクラスレベルが上がることで増えていく。TPが満タンになるとキャラクターアイコン部分に矢印が表示され、矢印どおりに上へスワイプすると発動できる。攻撃はもちろんだが回復なども効果が高いため、戦況を見てうまく使っていくことが大事だ。



▲TPはキャラクターアイコンでHPバーの下に表示される。満タンになると光り、矢印も出るのでタイミングを見て上へスワイプし、使っていこう

バトルには勝利条件と敗北条件があり、勝利条件を満たすとクリアとなる。クリアするとコイン(ゲーム内マネー)やアイテム、キャラクターの経験値(EXP)が獲得できるほか、メインクエストの初回クリア時のみカンパニー経験値(EXP)が獲得できる。

カンパニー経験値とは他のゲームでいうところのプレイヤーレベルと考えてもらって問題ないが、このカンパニーレベルに応じて受けられるクエストが増えていくだけでなくキャラクターのレベル上限も変化するので、本作においてはかなり重要な要素と言える。ちなみにカンパニー経験値の獲得方法に関しては、前述したメインクエスト初回クリア時のほか、様々な条件を満たすことで受け取れる「褒賞」で獲得することもできる。


▲キャラクターのクラスレベルが上がるとステータスがアップするだけでなく、スキルが獲得できることもある


▲カンパニーレベルはストーリー進行やクエスト受注、キャラクターのクラスレベルの上限アップなどに関わるため、とても重要な要素だ

味方の移動や攻撃、状況判断などがポイントとなる本作のバトルでは、味方と敵の射程範囲をある程度把握し、それに合わせた移動(場所取り)が大事になる。近接なら敵に囲まれる場所を避けたり、遠隔なら敵の近接攻撃の射程範囲外から攻撃することを考えたり、遠隔の中でも回復をメインとする場合は、つねに他の味方が回復の射程範囲に入るように位置取りするなど、しっかりと戦略を練ることが必要だ。

最初は戸惑うことも多いが、プレイしていくとじわじわとバトルの面白さを感じられるようになり、敵のパーティ編成に合わせてこのキャラクターはここに、こっちのキャラクターはあそこへ移動させて……などと自分なりの戦略を試したくなってくる。そんなやり込みがいのあるハマる要素多めのバトルが本作のバトルだ。

最後に、本稿に記載される情報はクローズドβテストを元にしているため、正式リリース版とは異なる可能性がある点についてはご理解いただきたい。


『LOST ORDER』公式サイト

(C) Cygames, Inc.

この記事にコメントを残しませんか?

  • View 81
  • Comment 0

 関連記事

閉じる